愛着(アタッチメント)スタイル診断 - 人とどんな関わり方をするタイプ?

あなたは人とどんな関わり方をしていますか?愛着スタイル診断を受けることで、あなたが周囲の人とどのように接するタイプか知ることができます。はたして4つの愛着スタイルのうちどのタイプなのでしょうか?

利用可能な言語
locale - en Flag
locale - ja Flag

『愛着スタイル(アタッチメントスタイル)とは?』

愛着スタイルは、幼少期の親子関係がその後の対人関係にどのように影響を与えるかを示す心理学の概念です。1958年にイギリスの発達心理学者であるジョン・ボウルビィ(John Bowlby)によって提唱されました。愛着スタイルには主に4つのタイプがあり、それぞれが異なる対人関係のパターンを表します。

『4つの愛着スタイル』

  • 安定型: 幼少期に親から十分な愛情と安心感を受け取ったため、対人関係においても信頼や親密感を持ちやすいです。自分自身や他者に対する肯定的な見方を持ち、ストレスを感じても他人に頼ることができます。
  • 回避型: 幼少期に親からの関心や愛情が不足していた場合に形成されます。このタイプの人は、対人関係において距離を置くことが多く、感情を表に出すのを避ける傾向があります。自立を重視し、他人との親密な関係を築くことが難しいです。
  • 不安型: 幼少期に親からの愛情が不安定だった場合に形成されます。このタイプの人は、対人関係において過度に依存しやすく、他人からの評価や反応に敏感です。愛情を求めるあまり、相手に対して過剰に執着することがあります。
  • 恐れ・回避型: 幼少期に親からの愛情に一貫性がなく、時に恐怖を伴う経験をした場合に形成されます。このタイプの人は、対人関係において親密さを求めながらも、同時に拒絶や傷つきを恐れるため、距離を保とうとします。矛盾した行動を取ることが多く、他人との関係において不安定さが目立ちます。

愛着スタイルは固定されたものではなく、生涯を通じて変わる可能性があります。自己認識やセラピー、健康な対人関係を築く努力によって、より安定した愛着スタイルに移行することができます。自身の愛着スタイルを理解することで、対人関係のパターンや課題に対する洞察を深め、より良い人間関係を築くための一歩となるでしょう。

全ての診断 (35)

利用可能な言語
locale - en Flag
locale - ja Flag