HSS型HSE
《 繊細だけど刺激と交流を求める 》

HSS型HSE
HSS型HSEの特徴

人と交流することが好きで明るいのですが、繊細で疲れやすいタイプでもあります(HSE:Highly Sensitive Extrovert→非常に敏感で外向的な人)。好奇心旺盛で刺激を求めて行動します(HSS型)。人と会って話をすることでエネルギーをチャージできます。人の気持ちがよくわかるので、絶妙な距離感のリーダーにもなれます。物事をじっくり考えてから行動する傾向がありますが、飽き性なので行動や言動がコロコロ変わる人でもあります。チャレンジしたいがリスクが怖いので、その葛藤に悩むこともしばしば。「アクセルとブレーキを同時に踏んでいる」という表現が当てはまる人です。

Sponsored Links
HSP診断テスト
あなたの心の繊細さをチェック
診断を受ける (3分)

HSS型HSEのあるある

  • まぶしい光が苦手
  • 臭いに敏感
  • 人と会うことで元気をもらえる
  • 寂しがり屋で予定をたくさん埋めたい
  • 静かな部屋だと時計の音が気になる
  • 隣の席の人のキーボードを叩く音が気になる
  • 友人と会った日に家に帰るとドッと疲れを感じる
  • 新商品が発売されると買いたくなる
  • ちょっとしたことでクヨクヨ悩む
  • 飲み会で遠くの席でつまらなそうにしている人が気になる
  • 海外旅行など行ったことのない場所に行くのが好きだ
  • 何事も優柔不断で決められない
  • 環境が変わると寝られない
  • 飽き性で同じことを続けられない
  • 家を出るときに電気やガスが止まっているか気になる
  • 相手が何を考えているか読むのが得意だ

HSS型HSEの存在割合

人口の約4%
HSS型HSEの存在割合

HSS型HSEに向いている仕事

HSEは繊細で人の気持ちがわかりますが、明るく外向的です。深く考えるタイプでもあります。それらの特性を活かせる仕事に向いています。

  • 教師
  • カウンセラー
  • 営業
  • 経営者
  • セラピスト
  • マーケター
  • コンサルタント
  • プランナー
  • 接客業
  • アーティスト
  • デザイナー
  • YouTuber

HSS型HSEに向いていない仕事

同じことを淡々と続けたり、一人で集中して行う必要がある仕事には向きません。

  • 事務
  • 経理
  • エンジニア
  • ライター
  • ドライバー
  • 研究職
  • オペレーター全般
  • 公務員

楽に生きるための心がけ

  • 無理に自分を変えようとしない。
  • 大きな音や、強い臭い、まぶしい光を感じた際には、出来る限りその場から離れる。
  • 他人に感情移入しすぎないよう気を付ける。
  • 他人が怒っている場から離れる。
  • 自分がHSPであり5人に1人しか感じない感覚の持ち主だと自覚する。
  • 旅行に行った際など、状況に応じて耳栓やアイマスクを活用する。
  • 孤独を感じたときにすぐに話せる相手を何人か作っておく。
  • 相手に合わせすぎることをやめる。
  • 他人に嫌われても仕方ないと割り切る。
  • 悪い出来事を思い出しそうになったら考えない努力をする。
  • ストレスを感じる集まりや会合には参加しない。
  • 自分がHSPであることを身近な人に話し、理解してもらう。

診断結果をSNSでシェアする

HSS型HSE
結果をSNSでシェアする
HSP診断テスト
あなたの心の繊細さをチェック
診断を受ける (3分)

全ての診断