心理機能診断テスト - 性格を8つの心理機能で解き明かす

心理機能は、心理学者ユングによって提唱された人間の精神構造を説明する仕組みです。8つの心理機能の程度の大きさによって、どのような性格であるかを知ることができます。50問の質問に答えて、あなたの性格に対する理解を深めましょう。

利用可能な言語
locale - en Flag
locale - ja Flag

『心理機能とは?』

心理機能とは、スイスの心理学者カール・グスタフ・ユングが提唱した、人間の精神構造における基本的な認識・意思決定の仕組みを説明する理論です。MBTIやソシオニクスなどの理論のもとにもなっています。ユングは個々の人がどのように世界を認識し、意思決定をするかに影響を与える8つの心理機能を定義しました。これらの機能は、「思考」「感情」「感覚」「直感」の4つの主要な機能を外向的と内向的に分類することで、8つに細分化されます。

『8つの心理機能』

  • Se(外向的感覚): 五感を使って外部の物理的な事実に基づいて現実を捉える機能です。現実的で実務的な判断をします。
  • Si(内向的感覚): 内なる五感の印象や記憶を活用して、物理的世界を独自に理解する機能です。過去の経験や内面の感覚を重視します。
  • Ne(外向的直観): 外部の世界に潜むパターンや可能性を探求し、新しいアイデアを創り出す機能です。未来志向でクリエイティブです。
  • Ni(内向的直観): 内なる世界で見出した潜在的な意味や可能性に基づいて物事を認識します。抽象的で深い洞察を得ることができます。
  • Te(外向的思考): 論理的で客観的な思考を通じて意思決定をする機能です。事実やデータを重視し、現実世界の状況を分析します。
  • Ti(内向的思考): 自分の内部にある論理的な構造に基づき、独自のアイデアや概念を創り出す機能です。理論的で独創的な視点を持ちます。
  • Fe(外向的感情): 他者や社会の価値観や期待に合わせて自らの意思を調整する機能です。他者の気持ちを重視し、人間関係に敏感です。
  • Fi(内向的感情): 自分の内面の価値観や感情を大切にし、外部の期待や状況に影響されず独自の基準で判断します。

この8つの心理機能は、各個人が世界をどのように理解し、判断するかに直接影響を与えます。例えば、キャリアの選択や対人関係の形成、問題解決のアプローチなどで重要です。自身の心理機能を理解することで、自己理解が深まり、他者とのコミュニケーションの向上や効果的な意思決定が可能になります。

全ての診断 (35)

利用可能な言語
locale - en Flag
locale - ja Flag